魔法少女かずみ☆マギカ count down 001

『魔法少女かずみ☆マギカ~The innocent malice」は
本日、2012年11月24日、無事に最終回を迎えることができました。

応援してくれたみんなたち、読んでくれたみんなたち、
関係各方面の皆様、本当にありがとうございます。

まだコミック用の作業が残っているのと、
もしかしたらコミック特典のSSがあるかもしれませんが、
『かずみ☆マギカ』の物語はこれで終わりです。

最終回の終わり方には色々と意見があると思いますが、
これでよかったと思っています。


『まどか』が『宇宙』の物語であるならば、
『かずみ』は『箱庭』の物語です。

『魔法少女』という非情の現実を受け止めきれず、
「友だちのため」をエクスキューズにして
結局は自分たちを救うために、
「かずみ」という残酷な魔法を使い続ける。

それがサブタイトルの『無邪気な悪意』であり、
最後に彼女たちが自分と向き合うことこそが
この物語の終着点だからです。

この先に起こるであろうことは『かずみ』ではなく
『まどか』の物語の片すみに存在するモノ。

それが『まどか』で描かれるという意味ではなく
『まどか』の世界のどこかにあすなろ市があって
そこにも同じことが起きる。
その時に何が起こるかを決めるのは、
平松ではなく『まどか』なのですから。


ただ、石森章太郎先生の名言に、
「時代が望むとき、必ず仮面ライダーは甦る」と
あるように、

「時代とはいわず、かずみファンが望むとき、
 もしかしたらかずみも甦るかも」と
ここに書き記しておきます。

現時点で、何の予定もないですけどね(笑)。


来年1月に、コミックス最終巻となる5巻が発売になります。
そちらのあとがきで、お会いしましょう。

長い間、『かずみ☆マギカ』を読んでくださって
本当にありがとうございました。

今は、さようなら。

コメントの投稿

非公開コメント

profile

hirama2

Author:hirama2
サッカーとセルビアとネコが好き。

new
category
comments
archive
trackback
serch
rss
link